岩手のソウルフードのコッペパン専門店
「(食)盛岡製パン」が行徳駅前に誕生。

将来、自分の店を持ちたい!私の夢でした。大阪の飲食店で8年半働き、仙台でFCとして独立させていただきました。そしてFCではない念願の会社、「有限会社かんながら」を設立。その記念すべき1号店を盛岡に和食レストランを出させていただきました。

盛岡は、本当の独立ができたとても思い入れの深い場所です。しかし、商売はそう甘くはありません。思い通りにいかないことの連続で心がめげそうになりなることも多々ありましたが、いつも地元盛岡のスタッフをはじめ、取引先様やお客様の励ましを受け、ここまでやってくることができました。
やっぱり「人」なんですね。
「人」として成長させてくれたのが「盛岡」なんです。
そんな盛岡には、まだ知られていない美味しい食がたくさんあります。盛岡冷麺、じゃじゃ麺をはじめりんごや小麦、岩手県のだ村の手造りの塩など、ご紹介したい「食」があります。

また、地域のソウルフードとしてみなさまに愛されている「コッペパン」は私も大好きな食の一つで、これらを含めた盛岡の文化を広めて、発信していきたい!と強く思うようになりました。
そんななか、ベーカリープロデューサーの岸本拓也氏と出会いました。「パン」は100円で買えるグルメ!パンを通じて社会貢献したい!日本のベーカリーをもっと盛り上げていきたい!真剣な、そして燃える情熱で語りかける姿にとても感銘を受けました。こうして、岸本社長×大舘の想いが(食)盛岡製パンの誕生となりました。

NEWS

盛岡おススメ01

盛岡じゃじゃ麺

岩手県盛岡市でわんこそば、冷麺と並んで「盛岡三大麺」と
称される麺料理の一つの「盛岡じゃじゃ麺」。
平たい独特の麺に特製の肉味噌とキュウリ、ネギをかけて食べる
盛岡の郷土料理をコッペパンに挟みました。

盛岡おススメ02

前沢牛コロッケ

岩手県奥州市前沢区で肥育された黒毛和種の和牛で、
岩手県を代表するブランド牛肉「前沢牛」。
その肉をふんだんに使った特製コロッケとキャベツを
贅沢にコッペパンに挟みました。

その他のメニューはこちら

ACCESS